お腹のゆるい人向けの対策あれこれ

ゆるいお腹の改善奮闘記
スポンサーリンク

こんにちは!

お腹がゆるくて出掛けるのが不安なのはすごくわかります。「特に朝

でも、さすがにずっと家にいることもできません。

そこで、わたしがお守りともいえる対策を紹介します。

朝起きてからの対策は

・ トイレに2回行けるぐらいの余裕をもって起きる。
・ 日を浴びながら深呼吸をして、軽いストレッチをする。
・ 起きてからの水分は少しずつとる。 
・ 朝食はかなり少量にして便が出るなら出す。

私なりのお腹大丈夫ルールですが、朝食をかなり少なめにして、なおかつ便を出す。出ない場合、昼間は大丈夫の可能性が高いので、夕飯時にお湯などを飲んで出来れば便を出しておきます。

朝食の具体例は小さい冷凍の焼きおにぎり一つと冷凍のおかず食品一つ。これだけです。

これだけだとお昼までにお腹が鳴るので、小さいお菓子や、ガムなどで一時しのぎします。

何年もの経験ですが、朝食をとってから2時間以内がお腹が痛くなる確率が高めです。そこを超えると大丈夫の可能性が高確率です。

出掛けるときの対策は

・ 出掛けたら、朝食後または起きてから2時間は水分を控える。
・ 水なしで飲める下痢止め剤を持ち歩く。
・ トイレに流せるポケットティッシュを持ち歩く。
・ 寒い日はお腹に貼るカイロをつける。
・ トイレのあるところを把握しておく。

出掛けたら水分は控えたほうが間違いないです。ただ2時間過ぎたり、トイレがあるから安心の場合は水分をとって下さい。

水なしで飲める下痢止め剤は最悪の場合使います。使いすぎると効果が薄くなっていく可能性があります。

私の場合「ロペラマックサット」というちょっと強めの下痢止め剤を常備してます。ただ持っているだけでも安心材料になります。

朝は腸や脳のゴールデンタイムと言われるほど貴重な時間です。

しかし、それゆえに腸の働きが良すぎて出すぎてしまう事につながります。

安心な日はしっかり朝食をとり、お腹が心配な日は朝食を少しに控えるなどメリハリをつけるといいです。

試行錯誤の結果ですので、お腹が心配な方は少しでもお役にたてれば幸いです。

コメント